専門家への依頼について

交通事故で被害を受けた場合、一般的には相手の保険会社の方へ相談されるケースが多いと思います。

しかし、相手の保険会社はあくまで相手側の代理ですから、被害者側の意向を汲んでくれるとは限りません。

保険会社の担当者も人間ですから、被害者側に対して親身に接する方もいらっしゃいますし、そうでない方も残念ながらいるのが現状です。

良い担当者の方と納得いく対応を受けられる場合は、そのまま手続きを完了されるのも良いかと思います。

 

しかし、「担当者へ不信感がある。」「ご自身の保険や事故に対する知識に自信がなく、担当者の話が本当か判断できない。」

「支払われる保険金を含めた対応が納得できない。」といった場合は、一度交通事故の専門家へ相談されるのが良いと思います。

 

第三者の専門家へ相談することで、担当者の話がご自身にとって最善か判断ができるようになることもあります。

また、対応や担当者に納得がいかない場合であれば、専門家へ事故や保険の対応を依頼することもできます。

交通事故の専門家として活動する士業としては、弁護士と行政書士が多く見受けられます。

弁護士も行政書士やその他の士業も、あらゆる業務の中から交通事故を専門で扱っている方はいますが、そもそも出来ることに差があり、弁護士や行政書士の様々なホームページには、互いのメリットやその事務所のメリットなども記載されているので、ご自身が安心できるところへご相談されるのが良いと思います。

時折、「別の士業に頼むのはデメリットしかない!」という記載がされているサイトがありますが、資格により出来ることと、その先生だから出来ること、そして実際に安心して依頼できるとあなたが思えるかが重要です。

士業を営む方も保険会社の担当者と同じく人間ですので、信頼できる方を探すことが大事です。

 

保険会社の担当者と違って、ご自身で相談や依頼する方を探すことができるので、ホームページや電話相談、場合によっては対面で相談して、ご自身にとってベストな方を見つけてください。

個人的には、裁判等になりえる場合やケガ以外に物の損害もある場合、交通事故業務に詳しい弁護士へ相談されるのがよいと思います。

自賠責保険や後遺障害の等級認定手続について申請されたい場合は、自賠責保険の手続きについて詳しい行政書士へ相談されるほうが負担が少ないと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です